リテールビジネス事業について「コンテンツ」×「場」で
マーケットを
動かす

リテールビジネス事業統括
常務執行役員長谷川 雅志MASASHI HASEGAWA

リテールビジネス事業では、アニメ、アーティストといった「コンテンツ」と、小売店や、飲食店といった「場」を掛け合わせ、「エンターテイメントプラットフォーム」を作り出し、一般生活者に体験価値を提供する事業を展開しています。
「場」の具体例としては、コンビニエンスストア、GMS(総合スーパー)、スーパーマーケット、アミューズメント施設、百貨店、カフェ、居酒屋など、業種・業態は多岐にわたります。そういった「場」に、「コンテンツ」を掛け算させ、「エンターテイメントプラットフォーム」を新たに作り出し、そこにしかない空間体験、オリジナル飲食物、オリジナルグッズ、キャンペーン等々を提供しております。

その結果、事実として多くのお客様が集まり、体験してもらい、喜んで頂いております。
「そこにしかない」という限定感が、当社の提供価値のキーポイントになっています。今の時代は、モノがあふれ、必要なモノしか買わない人が多くなり、また、どこに行っても同じようなものしか売っていない、大抵のモノはネットで買えるという感覚は、多くの人が感じていることだと思います。それは、モノを売る側からすれば、モノを売りにくい時代になったと言えます。そのような環境下において、「そこにしかない」「自分しか手に入らない」といった限定感は、消費者とビジネスを動かす打開策の一つとして大きな効果を挙げています。

プロモーションの
上流から下流まで、挑戦の機会は多い
レッグスがそのような課題の解決を得意としているのは、私たちが企画からモノづくりが行え、生産管理・品質保証まで一貫して担うことができ、経験から培ったプロモーション力もあるからです。また、知的財産への理解も深いからだと思います。プロモーション領域の上流から下流までセットで考えられるからこそ、新しいものを生み出すことができるのです。一社でこれだけのカバー力を持った企業はほとんどありません。

様々なことができるポテンシャルがある分、社員には様々なことに果敢に挑んでいくことが求められます。誰もやったことのないことには、マニュアルなどありません。「仕事は全て人から教えてもらうもの」というスタンスの人にとっては非常に辛い道だと思いますが、世の中の時流を掴み、自分の頭で考え、動き、切り拓いていこうという意欲に満ちた人にとっては、レッグスは刺激的で魅力的な会社だと思います。また、純粋にビジネスとしてドライに向き合うのではなく、アニメやキャラクターなどが好きであって欲しいとも思います。良いアウトプットをするには、ビジネスやアニメ・キャラクターに、愛情がないといけないと思うからです。これから当社に入社されるみなさんには、そうした挑戦心と愛情の両面を兼ね備えていただきたいと思います。