マーケティングサービス事業についてブランドの
マーケティング課題を
解決する

マーケティングサービス
事業統括
常務執行役員市川 清之KIYOYUKI ICHIKAWA

マーケティングサービス事業では、商品企画とプロモーション全般のソリューションを、食品や化粧品といった業界の大手メーカー様を中心に提供しています。特にメインであるプロモーション領域においては、プレミアム(景品・賞品)や店頭の売り場づくり(VMD=Visual Merchandising)、そして近年ではデジタル商材(SNSで使えるデジタルクーポンやデジタル景品)にコンテンツの付加価値を付けて、お客様の製品やブランドの販促ソリューションとして提供しています。

当社は創業以来、プレミアムの企画・製造を中心とした実績を積んできましたが、近年では、例えば「この商品の認知を高めたり、店頭での売りにつなげるにはどうしたらよいか」といった、よりブランド全体の課題に関するご相談が増えています。そういったご相談に対し、当社は、お客様の商品ブランドが競合ブランドに対してどのような強み・弱みを持っているかといった分析に始まり、ブランドのあるべき姿を描いた上で、その実現のために有効なプロモーション手法をご提案しています。

買い場を熟知している
私たちだからこそできること
こうした変化の背景にあるのは、CMを初めとしたマスメディア4媒体で広告を打つだけでは、伝えたいものが伝わらないとお客様が実感しているという事実です。そうした中で、消費者との最後の接点である売り場の特徴を熟知している当社の存在は重要です。大手の広告代理店は、TVCMで起用したタレントのグラフィックやキャッチコピーを店頭でも大々的に使おうとしがちですが、それが店頭で消費者に対して購買行動を刺激するとは限りません。例えば缶コーヒーのCMには男らしさを語る男性タレントがよく出てきますが、量販店やスーパーなどで実際に買うかどうかを決めるのは男性よりも主婦が大半であり、そういった方々には食材やスイーツが当たるといったキャンペーンや子供が欲しがるキャラクター景品が貰えるなどの方が有効かもしれません。つまり、販売チャネルが変われば、ターゲットも伝えるべき内容も変わるわけです。企業がメディアバイイングから店頭プロモーションまで一括して広告代理店に発注するのではなく、専門性を持った各社に分離発注する昨今の流れは、当然の流れとも言えます。

販促領域に専門性を持ちつつ、その中で幅広くビジネスを展開する当社は、東証1部に上場したとは言え、まだまだ業界におけるシェアは低いのが現実です。しかし、前述のような当社の強みと環境変化を考えれば、それは、これからの伸びしろの大きさを意味しています。私たちは、これからの変化を恐れず、チームとして一緒に挑戦してくれる、チャレンジ精神が旺盛な同志を求めています。